麦わら帽子(春日部)Mugiwara hats

Mugiwaraboshi (straw hats) are the traditional craft of Kasukabe City in Saitama Prefecture. Kasukabe City has been the center of rice and wheat production and they exported hand-braided materials for making straw hats since Meiji period.
After sewing machines for hats were imported from Germany, Mugiwaraboshi has been made by sewing the material into a shape of a hat first, then molded by pressing each hat.

麦わら帽子は埼玉県春日部市の伝統工芸品です。米や麦の生産地で栄えた春日部市では、麦わら帽子の材料である「麦わら真田」を作って海外に輸出していました。

明治30年頃、ドイツから日本に帽子用のミシンが輸入されました。材料をミシンに取り付け、帽子の形に縫製したのち、プレスして成型するという方法で一つ一つ丁寧に作られています。