真岡木綿 Mooka cotton textile

Mooka momen is a cotton fabric made in Mooka City, Tochigi Prefecture.

During the Edo period, cotton was cultivated in this area. Women started weaving Mooka cotton and made handmade products between farming. In the past, “Mooka” was used as a representative word for cotton, and Mooka cotton was called “Okakiji (Oka fabric)”. Even now, as a remnant of this, even if it is not woven in Mooka City, the finest cotton fabric is called “Tokuoka (Special Oka)”.

真岡木綿(もおかもめん)は、栃木県真岡市で作られている木綿織物です。

江戸時代、この地域では綿の栽培がおこなわれていました。農家の女性たちが、農作業の合間に木綿を織って商品を手作りしたのが始まりです。かつて「真岡」といえば、そのまま木綿の代表名詞として通用し、真岡木綿のことを「岡生地(おかきじ)」と呼ばれていました。今でも、その名残で、真岡で織られていないものでも、上等な木綿の生地のことを「特岡」といいます。