滋賀ビロード Shiga Velvet

Shiga Velvet is a woven fabric produced in Nagahama City, Shiga Prefecture. Velvet was introduced from Portugal during the Tenbun era more than 400 years ago and manufacturing of jacquard weaving began in Nagahama more than 100 years ago. It is a type of weaving called Nawa (loop) velvet, which is woven with a thin wire embedded in the fabric. When finished, the wire is pulled out to make a loop. This creates uneven surface with light, soft texture, and warmth.

滋賀ビロード(しがびろーど)は滋賀県長浜市が産地の織物です。今から四百年余前、天文年間ポルトガルより伝来したビロードは、江戸時代に日本で生産が始められたといわれています。そして百数十年位前、長浜にその製法が伝えられ、その後ジャガードによる紋織が始められました。輪奈ビロードという種類で、針金を織り込み織り上がった後、その針金を引き抜いて輪奈(ループ)を作るため、表面に凸凹があり、軽さと柔らかな手触り、暖かさが特徴です。