南部裂織 Nanbusaki brocade

Nanbusakiori is a woven fabric from the Nanbu region (eastern Aomori Prefecture). As cotton was precious in the Edo period, strips of fabric called “bot” was made by tearing an old cloth into small pieces to weave a new fabric. The women of the farms used bot as the weft thread, and untied hemp bag for the warp thread to weave work clothes, aprons, and blankets.

南部裂織 (なんぶさきおり)は南部地方(青森県東部)で受け継がれている織物です。江戸時代、貴重であった木綿や古手木綿を大切に使うため、「ボット」と呼ばれる古布を細く裂いて織り込み、新たに織物として再生したものが南部裂織です。はぎれを粗末にしないよう、農家の女性たちはボットを横糸にし、麻袋を解いた糸を縦糸にして織り込み、夜着、仕事着、帯、前かけ、こたつがけなどを作りました。