ホームスパン Homespun

Homespun is a hand plain-woven fabric made in Towa Town, Hanamaki City of Iwate Prefecture. The technique originally started in Scotland and Ireland in England, which came to Japan in the Meiji era. It is roughly woven using a thick hand-spun yarn. The characteristic is its elasticity which makes it less likely to wrinkle, and it gives a light texture when worn.

ホームスパンは、岩手県花巻市東和町で作られている手織りの織物です。

もともとは英国のスコットランドやアイルランドで始まったもので、明治時代に日本に入ってきました。手紡ぎによる太めの粗糸などを使い、粗く平織に手織機で織られています。特徴は弾力に富んでしわになりにくく、身につけても重さを感じさせないことです。