さつま絣 Satsuma traditional resist-dyed textiles

Satsuma gasuri is a cotton fabric produced in Kagoshima City, Kagoshima Prefecture. It is considered the highest rank of cotton fabrics in Japan. The origin of Satsuma gasuri is not very clear, however since Yoshihisa Shimazu, the lord of the Satsuma clan was offered Kasuri as a gift when he attacked Ryukyu (Okinawa) in 1609, he ordered it to be produced for offerings. It was originally made in Ryukyu, but since it was distributed through the Satsuma clan, it was named Satsuma gasuri.

さつま絣は、鹿児島県鹿児島市が産地の木綿織物です。日本における木綿織物の中で最高の格をもつものと言われています。さつま絣の起源ははっきり解っていませんが、慶長十四(1609)年に薩摩藩の藩主であった島津義久が琉球を攻めた際の貢物に絣があったことから、その後、献上品として作らせたことが始まりと推定されています。当時は琉球で作られていたわけですが、薩摩藩を通して流通されていたので薩摩絣の名称がついています。別名、琉球絣ともいわれます。